出産祝い品を具体的に考える

お返しは物がベスト

赤ちゃんが生まれると出産のお祝いをもらうと思います。そのお返しのことを内祝いというのですが、マナーがきちんとあるのでただお返しをすればいいというものではありません。まず、お返しをする時期ですが、基本的には生後1か月~2か月になったころです。この時期は、子育てが始まったばかりでばたばたすることがありますので、事前に用意しておくことで心に余裕を持つことができるかもしれません。遅くても2か月までには、送るようにしましょう。次に金額の相場ですが、いただいた金額の半額が一般的です。また、1万円以上いただいた場合は3分の1をお返するのもいいです。いただいたのが物の場合は、物でお返しするとよいです。お菓子や紅茶、などの飲み物や食べ物のほかにもタオルや石鹸、洗剤などを送るのがおすすめです。
迷ったときには、カタログギフトが無難かもしれません。お返しに贈ったらだめなものもあります。それは、刃物、くし、ハンカチ、日本茶、靴下などの足元グッズ、ネックレスネクタイなどです。見てみると、ハンカチやネクタイなど贈ってしまいそうなものもあります。これらは縁起が悪いととらえられるので注意してください。出産の内祝いを送るときは、マナーを確認してから送るようにすることで恥をかかないですみます。

家族と一緒に祝い品を考える

大切な家族や友人から出産のお祝いをもらった時に、しっかりお返ししないといけないのが出産内祝いです。そこでここからは、私が出産内祝いを贈る時に大事にしたことがいくつかあるので、以下にあげてみたいと思います。まず第一に、自分たちの感謝の気持ちを伝えるために、直接会って出産内祝いを渡すようになるべく心がけました。もちろん、遠方の人に直接会って出産内祝いを渡すことは難しいので、その際は手紙やメッセージカードを添えて贈るように心がけるなど工夫もしました。また、どのようなものを贈るか迷うこともあり、特に自分の母親世代の方へ贈るものをどうするか迷うことが多かったので、実母や義母に聞いて品物を選んだりもしました。同世代が何が欲しいのか、何を贈ると失礼にあたるのかなど、実母や義母に聞くことができたのは、とても助かりました。
もちろん、いただいた金額の2分の1以内に収めたり、可能な限り早く贈るように心がけるなど、失礼にならないように、最低限のマナーを守るようにも心がけました。以上のように、出産内祝いを贈る時に大事にしたことをまとめてきました。それぞれが相手へ感謝の気持ちを伝えることができるように、出産内祝いを贈ることが大切になると考えられます。

calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

pick up

贈る相手による出産内祝いの相場

出産内祝いの相場について 出産祝いのお返しとして贈る出産内祝い。出産内祝いのカタログやサイトでは、幅広い価…

read more

出産祝い品を具体的に考える

お返しは物がベスト 赤ちゃんが生まれると出産のお祝いをもらうと思います。そのお返しのことを内祝いというので…

read more

出産祝いの予算の基礎知識

出産祝いの基礎知識と選び方 出産祝いをいただいたら、感謝の気持ちを込めてお返しするのが出産内祝いです。お祝…

read more

出産内祝いを選ぶ際の注意点とポイント

出産内祝いの注意点 出産祝いを貰った方たちに感謝の印として贈るのが出産祝いです。最近では特に決まったルール…

read more

Copyright(C)2017 出産内祝いを選ぶ際に知っておきたい予算の相場 All Rights Reserved.