出産祝いの予算の基礎知識

出産祝いの基礎知識と選び方

出産祝いをいただいたら、感謝の気持ちを込めてお返しするのが出産内祝いです。お祝いをいただくのはありがたいことですが、初めての出産の場合、どのようにお返しをしたらいいのか分からないと思うので、基本的なルールと選び方のポイントを紹介したいと思います。まず、お返しする時期ですが、1ヶ月検診が終わってお宮参りをした後、お宮参りの報告とともにお返しを渡すのが通例です。
しかし、産後1ヶ月頃はまだまだ母親の体調も万全ではなく、それまでに準備を整え、お返しするのは大変な場合もあります。そのような時は、無理せず、落ち着いてからでも大丈夫です。出産内祝いの金額は、半返しと言って、いただいたお祝いの約半分のものをお返しします。お祝い金だけでなく、品物をいただくこともあります。そのような場合は、かかったであろうだいたいの金額を考慮して、半分相当に値するものをお返しをします。
出産内祝いの選び方ですが、産後慌てないために、産前からある程度いただく方を想定しておき、いただいた場合どのようなものをお返しするか考えておくと、安心かもしれません。今は通販も普及し、名入れができたり、記念として残るようなものなど種類も豊富にあります。その中で、相手の方に喜んでもらえるようなものを選びましょう。品には、内祝と子供の名前を書いたのしをつけて送ります。直接渡すのが丁寧ですが、難しい場合は手紙などを添えて送りましょう。

出産内祝いの費用は半額ぐらい

出産祝いをもらったら、出産内祝いをお返しするのが常識です。1番悩むのが予算と言われています。どれくらいの費用でお返しすれば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。10000円のお祝いをもらったら、その半分の5000円分のものを贈りましょう。ただ出張祝いが高額だった場合は、3分の1くらいで返すのがベタです。品物は相手側が欲しいものを贈るのがベストですが、何をあげて良いか分からないこともあるでしょう。そんな場合は、消耗品を渡すのが無難です。
実用性があり、いつまでも残るものだと捨てるに捨てることができませんが、消耗品なら気をこともありません。甘いものが好きならスイーツ、苦手なら出汁や油などどこの家庭にあっても困らないものを選択すると良いでしょう。洗濯洗剤や食器洗い洗剤、柔軟剤も、もらって嬉しいと思えるギフトです。
両親に出産内祝いは不要と聞くこともありますが、それは親と同居する家庭が多かった時代に言われていたことです。両親にもきちんともらったお祝いの費用に合わせた内祝いを贈りましょう。また、年配の方に食べ物を贈る場合は、お肉やかたいお煎餅は避けるのがベタです。歯が弱くても食べられるものを選択しましょう。

calendar

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

pick up

出産内祝いを選ぶ際の注意点とポイント

出産内祝いの注意点 出産祝いを貰った方たちに感謝の印として贈るのが出産祝いです。最近では特に決まったルール…

read more

出産祝い品を具体的に考える

お返しは物がベスト 赤ちゃんが生まれると出産のお祝いをもらうと思います。そのお返しのことを内祝いというので…

read more

出産祝いの予算の基礎知識

出産祝いの基礎知識と選び方 出産祝いをいただいたら、感謝の気持ちを込めてお返しするのが出産内祝いです。お祝…

read more

贈る相手による出産内祝いの相場

出産内祝いの相場について 出産祝いのお返しとして贈る出産内祝い。出産内祝いのカタログやサイトでは、幅広い価…

read more

Copyright(C)2017 出産内祝いを選ぶ際に知っておきたい予算の相場 All Rights Reserved.